I shot something.

DIY.

c0195570_21582955.jpg


暗室作業で欠かせないツールのひとつにセーフライトがあります。
よくテレビや映画とかでも赤いライトのもとでプリントしたりするシーンありますよね?あの赤いライトのことです。

今日も仕事半分、写真半分の脳の稼働率で過ごしていたのですが、そのうち仕事に飽きてくると、
写真の比率がグングン高まっていきます。
で、今日のテーマは「セーフライトを自作する」ということになりまして、検討開始。

まずは印画紙のデータシートをチェック、これも一見仕事している風を装うために、
海外のサイトを開き英字のデータシートの.pdfを閲覧。
RCペーパーのフジブロでは、どうやら赤色、それも550~600nm(ナノメートル)以上の波長であれば感光しないっぽい、
ということを確認。

次に光源となるLEDのデータシートを閲覧、これは回路設計者なら日常的に見ている部品ですから、堂々と確認すると、赤色LEDの波長は600~650nmとなっており、条件を満たす。
あとは流す電流を計算し簡単な回路を考え、秋月電子か千石電商で部品代をざっと見積もってみました。

LED、抵抗、ACアダプター、スイッチ、ユニバーサル基板・・・2,000円で十分かぁ~
・・やってみる価値はありますぜ!!

BabyRollei + PROVIA 400F
by osamu_the_wizard | 2009-11-20 22:17